薬で治そう

medicine box

うつ病を治すためには、まずはストレスの多い環境から遠ざかる必要があります。会社や学校などです。いくら休んで疲れを取ろうにも、ストレスの多い環境に居ては、いつまで経ってもストレスが減りません。むしろ溜まっていく一方です。なので会社や学校を一定期間休みましょう。ですが仕事を休むことはなかなか難しいでしょうから、仕事量を減らしてもらったり、残業を無くしてもらえないか頼みましょう。
ストレスの現場から遠のくことで、ようやく治療がスタートできます。うつ病を治していく方法のひとつに、薬を使って治すものがあります。うつ病の治療に良いとされているものが坑うつ剤です。坑うつ剤の種類は様々ですが、その中でも新規坑うつ剤は、副作用も少なくて良いとされています。副作用は眠気や口の渇き、便秘などです。坑うつ剤は飲み続けることで効果が出てきます。約1~2週間です。なので服用を始めたての頃は副作用ばかりが気になって、「これで本当に治るんだろうか」と不安になり、余計にストレスを感じてしまうことでしょう。しかし事前に仕組みを知っていれば安心なはずです。副作用は服用を続けていれば治まっていきます。なので安心して服用を続けましょう。
坑うつ剤での治療期間は3ヶ月~6ヶ月です。治ったと感じても薬の服用は続けて、摂取量を減らしていって、ようやく治ります。うつ病は再発の可能性が高いので、1度治ったような気がしても、すぐに服用をやめてはいけないのです。
薬での治療と前の記事で紹介した意識の切り替えで、うつ病を治しましょう。